• お知らせ

    お知らせ

    ミサの地区割り規定がなくなり

    64歳以下の方は毎週どのミサにも参加可能です。

    ただし人数制限(聖堂内40名)はあります。

ミサ

主日ミサ 日曜日9:00,11:00,13:00
                      (人数制限あり)

平日ミサ 06:30

教皇フランシスコ 2019年11月24日 広島・平和記念公園で

広島・長崎への原爆投下から75年:教皇フランシスコのメッセージ

教皇フランシスコは、75回目を迎えた広島・長崎の原爆忌に、メッセージを寄せられた。
教皇フランシスコは、今年75回目を迎えた広島・長崎の原爆忌に、メッセージを寄せられた。
広島県の湯﨑英彦知事に宛てたメッセージで、教皇は、昨年11月に行われた広島・長崎両市への訪問を振り返りながら、平和構築と、核兵器廃絶への思いを記されている。

教皇フランシスコの、75年目の広島・長崎原爆忌へのメッセージは次のとおり。

****************************************************************

1945年の広島への原爆投下から75年を迎えるこの厳粛な記念において、主催者の皆様、そして参加者の皆様、とりわけ被爆者の方々に謹んでご挨拶申し上げます。

わたくしは、昨年11月の司牧訪問の際、広島市と長崎市を自ら訪れるという特別な機会を得ました。この訪問で、広島の平和記念碑と長崎の爆心地公園において、75年前の恐ろしい戦争の日々、この両都市で起きた、人命と資産の破壊について思いを深めることができました。

昨年、わたくしは平和の巡礼者として日本を訪れました。それゆえ、わたくしは、平和を強く希求し、平和のために自らを捧げようとする、今日の人々、特に若い人々の熱望を、今も心にとどめ続けています。同時に、わたくしは、貧しい人々の叫びをも心にとどめます。彼らは常に、暴力と紛争の最初の犠牲者です。

平和を花開かせるには、すべての人々が兵器を、特に最も強力で破壊的な核兵器を捨て去る必要があることが、これほど明白なことはありません。核兵器は、都市や国々を根こそぎに破壊することができるものです。昨年、広島で申し上げたことを繰り返したいと思います。「原子力の戦争目的の使用は、倫理に反します。核兵器の保有は、それ自体が倫理に反しています」(2019年11月24日、広島平和記念公園でのメッセージ)。

広島と長崎の被爆者の方々の預言的な声が、わたしたちと未来の世代への警鐘であり続けますように。これらの方々に、そして和解のために働くすべての方々に、わたしたちは詩編のこの言葉を、自らのものとしてお贈りしたいと思います。「わたしは言おう、わたしの兄弟、友のために。『あなたのうちに平和があるように』」(詩編122,8)。

この原爆忌を記念されるすべての方々の上に、神の豊かな恵みをお祈り申し上げます。

フランシスコ
バチカンより、2020年7月15日


教会の日々