記事一覧

2017年度 七五三 and 幼児洗礼

ファイル 235-1.jpgファイル 235-2.jpg

七五三の祝福と幼児の洗礼式がありました。

七五三のお祝いはとても華やかで、大勢の信徒の心と眼を和ませてくれました。筆者の私も、お恵みのお裾分けを戴いたようでした。

無心の幼児に幸多かれと祈ります。✞

Raphael nonno

2017年度 カトリック徳田教会「ふれあいバザー」③(最終)

ファイル 234-1.jpgファイル 234-2.jpgファイル 234-3.jpgファイル 234-4.jpgファイル 234-5.jpg

主催者側の動向を継続して紹介します。
なんと、バザーの食物連鎖の頂点に立つ3人のエンジェル(^_-);☆
今年初めての新企画「ミニコンサート」です。ミニコンサートと謙遜なタイトルを付けましたが、お御堂はたくさんのお客様が来てくれ、音楽とお御堂案内に耳を傾けていました。まさしく心休まるコンサートでした。写真はK氏のボーカル、S嬢のパイプオルガンです。
バザーが無事に終了し、バザー実行委員長から無事終了したことへの感謝の言葉が述べられました。
最後に、会計から収入の報告があり、目標金額の到達に疲れも飛んだようでした。Hさんの顔も嬉しさに溢れていますね。
①で紹介しましたように収入金額は4つの団体に配分されることになっています。協力いただいたお客様、信徒の方々、運営者の皆様に感謝いたします。✞
また来年の企画を、お楽しみにお待ちくださいませ。
Raphael nonno

2017年度 カトリック徳田教会「ふれあいバザー」②

ファイル 233-1.jpgファイル 233-2.jpgファイル 233-3.jpgファイル 233-4.jpgファイル 233-5.jpg

教会委員長の開催合図の鐘が鳴り、バザーはスタートしました。
一斉にお客様が入ってきます。まるで新宿駅か池袋駅のようです。
まずは子供たちが集中した綿あめ売り場です。スプーン1杯の砂糖が、あっという間に子供の頭ほどの大きさに変身です。
次は大人の売り場、雨にもかかわらずテントの中は熱気でムンムン。テントからはみ出た背中は、雨でびしょ濡れ。赤ちゃんまでがバザーを楽しんでいるようです。(^_-)-☆
主催者側の様子も見てみましょう。
ジョニーの酒場です。一升瓶を持って売り娘?は売るは!売るは!
お客がいない酒場になると、他の店舗のお客になってこんにゃくおでんをぱくついています。
No③に続きます。 Raphael nonno

2017年度 カトリック徳田教会「ふれあいバザー」①

ファイル 231-1.jpgファイル 231-2.jpgファイル 231-3.jpgファイル 231-4.jpgファイル 231-5.jpg

10月15日(日)「真心を込めて!!」をテーマに教会バザーを実施しました。当日は秋晴れに反して、秋の長雨に巻き込まれてしまったような天気でした。
色づき始めたオリーブの実には大きな雫が・・
水たまりに映る鐘楼・・  寂しさを予感する天気でした。
しかし、何となんと教会の外では始まりを待つお客様の長蛇の列♡
大倉神父様により「バザーの目的」が話されました。
信徒全員で目的を共有し、いよいよ櫻井実行委員長のハンドベルを合図に始まりました。
【目的】今回の収益金は以下の4団体に配分します。
①CTVC経由 宮城県山元町「おてら災害ボランティアセンター ②難民シェルターJELAハウス ③野宿者支援団体「ほしのいえ」 ④JLMM日本カトリック信徒宣教会
バザーの様子は次に紹介します(^_-)-☆  Raphael nonno

ページ移動